平成29年度 盛岡友愛病院指標


 病院指標とは、DPCデータを基に厚生労働省が定めた集計条件などに沿って資料を作成するもので、皆さんに情報公開を勧めることにより、当院の特徴や急性期医療の現状を理解していただくことを目的としています。

 現在公表している病院の情報(病院指標)は、平成29年度(平成29年4月1日〜平成30年3月31日)中に当院を退院した患者さんのデータを集計の対象として作成しています。ただし、自動車賠償責任保険や労災保険、自費等の患者さんのデータは集計対象外となります。また、来院時心肺停止を含む入院後24時間以内に死亡した患者さんのデータも集計対象外です。

 個人情報が特定できないようにするために、指標のなかで10未満の数値は「ー」と表示しています。

《DPCとは》
 入院患者さんを病気と治療法によって分類し、その分類ごとに国が定めた1日あたりの入院費を包括支払いとして計算する制度です。











1.年齢階級別退院患者数


 入院患者さんの人数を10歳刻みの年齢階級表別に集計しています。
  *年齢は、入院日の満年齢となります。

年齢区分 0〜 10〜 20〜 30〜 40〜 50〜 60〜 70〜 80〜 90〜
患者数 3 18 22 52 84 174 395 481 386 88



 2.診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)


 DPCでは入院患者さんの情報が病気と治療法(手術や処置など)によって4,918種類(包括対象外の分類も含む)の診断群に分類されます(平成28年度改定における数)。診療科ごとに患者数上位3つの診断群分類について集計しています。ただし、包括対象となるDPC分類は集計に含まれません。指標に示されるそれぞれの項目に関しては以下の通りです。なお、各項目集計対象となる件数が10未満の場合は、数値、各項目は表示しません。(短期滞在手術3に該当するものも集計外とする。

DPCコード
 診断群分類を表すコードです。病気と治療法の組み合わせによって分類されますので、同じ病気でも治療方法が違えばDPCコードは異なります

名称
 どのような病気と治療方法で分類されているかを表します。

平均在位日数(自院)
 病院に入院していた日数(在院日数)の平均値です。

平均在院日数(全国)
 厚生労働省より公表されている平成29年度における全国のDPC対象病院の在院日数の平均値です。

転院率
 該当する患者数の内、当院から他の病院に移動して継続入院(転院)することとなった患者さんの割合です。

短期滞在手術3
 厚生労働省が定めた一定程度治療法が標準化し、短期間で可能な検査・手術、21種類の手術・検査を短期滞在手術等基本料3の対象とし、DPCとは別の方法により包括診療報酬点数とされている。
 当院においては、前立腺針生検法、関節鏡下手根管開放手術、水晶体再建術、下肢静脈瘤手術(レーザーによるものはDPCで評価)、鼠径ヘルニア手術、内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術等による入院がこれに該当する。



  • 心療内科
    心療内科の集計対象となる件数は10未満であり、数値、各項目は表示しません。

■呼吸器科
0400801499X002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術処置等2 なし 定義副傷病 なし 重症度等 A-DROP スコア2 15 31.13 15.12 0 82.93

■消化器科
消化器科の集計対象となる件数は10未満であり、数値、各項目は表示しません。

■循環器科
050130XX99000X 心不全 手術なし 手術処置等1 なし 手術処置等2 なし 定義副傷病 なし 33 39.88 17.71 3.03 82.27
160650XX99X0XX コンパートメント症候群 手術なし 手術処置等2 なし 10 59.90 23.78 10.0 84.3  

■外科
090010XX01X0XX 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術処置等2 なし 96 6.65 11.45 0 62.17
050180XX97XXXX 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり 67 2.79 3.20 0 62.52
040040XX99040X 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術処置等1 なし 手術処置等2 4あり 定義副傷病 なし 19 20.74 11.99 0 66.63

■整形外科
070230XX01XXXX 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 46 58.26 25.09 0 72.72
07040XXX01XXXX 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 18 52.17 23.14 0 64.22
070343XX01X0XX 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等 手術処置等2 なし 12 27.58 21.70 0 65.33

  • ■脊椎外科
    070343XX97X0XX 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 その他の手術あり 手術処置等2 なし 43 17.23 17.28 0 69.63
    070350XX97XXXX 椎間板変性、ヘルニア その他の手術あり 17 14.24 16.53 0 41.29
    070160XX01XXXX 上肢末梢神経麻痺 手根管開放手術等  11  4.36  5.51  0 67.64  

  • ■形成外科
    070010XX011XXX 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術処置等1 あり 20 8.20 11.79 0 51.50

  • ■神経内科
    010060X0990201 脳梗塞(脳卒中発症4日目以降又は無症候性、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術処置等1 なし 手術処置等2 2あり 定義副傷病 なし 重症度等 発症前Rankin Scale 0、1又は2 15 126.53 16.33 0 65.60
    010060X0990211 脳梗塞(脳卒中発症4日目以降又は無症候性、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術処置等1 なし 手術処置等2 2あり 定義副傷病 1あり 重症度等 発症前Rankin Scale 0、1又は2  15 134.40  17.97 20.0 77.13  

■泌尿器科
110070XX0200XX 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術処置等1 なし 手術処置等2 なし 18 7.06 7.31 0 73.72
110200XX02XXXX 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 10 10.20 9.73  0 74.10  
110280XX99000X 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術処置等1 なし 手術処置等2 なし 定義副傷病 なし 10 17.80 12.23  0  71.70  

■婦人科
婦人科の集計対象となる件数は10未満であり、数値、各項目は表示しません。

 





3.初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

  •  5大癌と呼ばれる胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌の患者さんの人数を初発のUICC病気分類別、および再発に分けて集計してます。「初発」とは、当院において、その癌の診断あるいは初回の治療を実施した場合を指します。「再発」とは、当院もしくは他院で初回治療が完了した後に当院にて診療する場合や、治療後に再発、再燃または新たな遠隔転移をきたした場合をさします。集計は、平成29年度中に退院した延患者数となっています。つまり、集計対象期間中に複数回入院された患者さんは複数例としてカウントしています。


UICC病期分類
 国際対がん連合(UICC)によって定められた、

   @原発巣の大きさと進展度
   A所属リンパ節への転移状況
   B遠隔転移の有無

 3つの要素によって各癌をT期(早期)〜W期(末期)の4病期(ステージ)に分類するものです。


  • 初発 再発 病期分類
    基準(※)
    版数
    Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
    胃癌 5 1 0 0 4 3 1 7
    大腸癌 0 1 9 5 3 28 1 7
    乳癌 70 31 3 6 6 11 1 7
    肺癌 6 0 18 18 4 21 1 7
    肝癌 0 0 0 0 4 1 1 7
     ※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約




4.成人市中肺炎の重症度別患者数等


 成人の市中肺炎の患者さんの人数を重症度別に集計しました。成人市中肺炎診療ガイドライン(日本呼吸器学会)による重症度分類システムを用いています。この指標では細菌による肺炎を集計しており、インフルエンザウイルスなどのウイルスによる肺炎や食べ物の誤嚥による肺炎、気管支炎などは集計対象外となっています。また、成人の肺炎の指標なので、小児肺炎も集計対象外となります。

 市中肺炎
  普段の社会生活のなかでかかる肺炎のことです。

 平均在院日数
  病院に入院していた日数(在院日数)の平均値です。


患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 6 28.17 60
中等症 46 49.46 79.02
重症 13 29.77 86.31
超重症 11 36.18 85.36
不明 0 0 0



5.脳梗塞の患者数等


平均在院日数
 病院に入院していた日数(在院日数)の平均値です。

転院率

 該当する患者数の内、当院から他の病院に移動して継続入院(転院)することとなった患者さんの割合です。


発病から 患者数 平均在院
日数
平均年齢 転院率
3日以内 19 211.79 77.26 10.53
その他 53 146.38 74.64 13.21



6.診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)


診療科ごとの手術について患者数上位3つを集計しています。手術(処置)のなかで輸血、創傷処理、皮膚切開術、非観血的整復術、軽微な手術は集計対象外となっています。指標に示されるそれぞれの項目に関しては以下の通りです。なお、各項目集計対象となる研修が10未満の場合は、数値、各項目は表示しません。


Kコード
 手術術式の点数表コードです。

名称
 手術術式の名称です。

平均術前日数
 入院日から手術日までの日数の平均です。手術日当日は含まれません。

平均術後日数
 手術日から退院日までの日数の平均です。手術日当日は含まれません。

転院率
 該当する患者数の内、当院から他の病院に異動して継続入院(転院)することとなった患者さんの割合です。



■心療内科
心療内科の集計対象となる件数は10未満であり、数値、各項目は表示しません。

■呼吸器科
呼吸器科の集計対象となる件数は10未満であり、数値、各項目は表示しません。

■消化器科
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 120 0.13 1.10 0 68.02
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル以上) 15 0.47 1.0 0 57.33

■循環器科
循環器科の集計対象となる件数は10未満であり、数値、各項目は表示しません。

■外科
K4764 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))) 70 0.94 3.84 0 62.36
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 64 0.47 1.05 0 62.83
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの)・胸筋切除を併施しないもの) 28 1.32 7.86 3.57 60.75

■整形外科
K0821 人工関節置換術(肩、股、膝) 69 2.97 51.94 0 70.25
K1422 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)(後方又は後側方固定) 13 3.85 28.62 0 68.38

■脊椎外科
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)(椎弓形成) 41 1.73 14.71 0 69.56
K1342 椎間板摘出術(後方摘出術) 17 2.29 10.94 0 41.29

■形成外科
K0152 皮弁作成術、移動術、切断術、遷延皮弁術(25平方センチメートル以上100平方センチメートル未満) 22 1.05 4.50 0 54.14

■眼科
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 57 0 1.0 0 0 72.77

■神経内科
神経内科の集計対象となる件数は10未満であり、数値、各項目は表示しません。

■泌尿器科
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術(電解質溶液利用のもの)) 20 0.75 5 0 75.85

婦人科
婦人科の集計対象となる件数は10未満であり、数値、各項目は表示しません。



7.その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)


 DIC(播種性血管内凝固症候群)、敗血症、真菌症、手術・処置等の合併症の患者数と発生率を集計しました。

DPCコード
 14桁あるDPCコードのうち、6桁で集計しています。DPCコード6桁とは病名による分類を表しており、治療方は分類に関連しません。

DIC(播種性血管内凝固症候群)
 感染症などによって起こる、全身性の重症な病態です。治療に大きな医療資源が投入されるため、該当するDPCで高額な点数が設定されています。

敗血症
 感染症によって起こる、全身性炎症反応の重症な病態です。治療に大きな医療資源が投入されるため、該当するDPCで高額な点数が設定されています。

真菌症
 真菌による感染症です。

手術・処置等の合併症
 手術や処置などに一定割合で発生してしまう病態です。術後出血や創部感染などが挙げられます。合併症はどのような術式でもどのような患者さんでも一定の確率で起こり得るもので、医療ミスとは異なります。

入院契機
 DPCコードにて分類される包括請求の対象となる病気(DPC病名)とは別に、入院の契機となった病気(入院契病名)がそれぞれの入院患者さんにつけられています。DPC病名と入院契機病名が「同一」か「異なる」かにより分けて集計しています。「同一」ということは、ある病気の診療目的で入院して、その病気の治療を行ったということを表します。一方「異なる」ということは、ある病気の診療目的で入院したが併発していた、もしくは入院中に発症した違う病気(この指標の場合は、DIC(播種性血管内凝固症候群)や敗血症、手術・処置等の合併症)による治療が主だったものになってしまったことを表します。

発生率
 全入院患者さんのうち、該当するDPCで入院費の請求となった患者さんの割合です。



DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 1 0.06
異なる 3 0.18
180010 敗血症 同一 4 0.23
異なる 1 0.06
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0
異なる 0 0
180040 手術・処置等の合併症 同一 27 1.58
異なる 1 0.06



更新履歴


 平成30年9月28日 掲載

 平成29年9月30日 掲載

 平成28年9月29日 掲載

 平成28年11月8日 更新


このページの先頭へ