患者さんの権利

私たちは、患者さんが医療の中心であることを深く認識し、次の権利を尊重した医療を行います。

1.良質な医療を平等に受ける権利
だれでも個人の背景の違いや病気の性質にかかわらず、良質で安全な医療を平等に受ける権利があります。
1.人間としての尊厳を得る権利
医療を受けるに当たり、一人の人間として、個々の人格や価値観などが尊重される権利があります。
1.十分な説明と情報を受ける権利
理解しやすい言葉や方法で、納得のできるまで、十分な説明と情報を受ける権利があります。
また自分の診療録の開示を求めることもできます。
1.医療に参加し自ら決定する権利
十分な説明と情報を受けた上で、治療方法を自らの意思で選択する権利があります。またその際には、別の医師や医療機関の意見(セカンド・オピニオン)を求めたいというご希望も尊重いたします。
1.個人情報が守られる権利
医療の過程で得られた、個人情報の秘密が守られ、自分のプライバシーが可能な限り他人にさらされず、乱されない権利があります。


このページの先頭へ