ヘルニア(脱腸)外来のお知らせ  高橋正浩 医師


ヘルニア(脱腸)とは?
 おなかの 壁(腹壁)の一部が弱くなっているため、おなかに力を入れると足の付け根がふくらんだり、下腹に引っ張られたような痛みを感じることがあります。ふくらんで出てきているものは主に腸なので、昔から「脱腸」と言われています。そのまま放置すると徐々にふくらみが大きくなり、時に張り出した腸が戻らなくなることがあります(嵌頓:かんとん)。痛みが強くなり、腸が腐って緊急手術になることもあります。

 

 お腹に力を入れると、足の付け根あたりや以前うけた手術の傷がふくらんでいませんか?

 それはヘルニア(脱腸)です。



ヘルニアの治療法は?

 小児の場合と異なり、成人のヘルニアは自然に治ることはありません。薬で治療することもできません。腹壁の一部が弱くなっているためなので、基本的な治療は手術です。手術は穴をふさぎ、弱くなった部分を補強する手術になります。

 手術は様々な方法が考案されおり、現在でも進歩しています。当院では従来法(皮膚切開法)と腹腔鏡手術の選択ができます。

 

A..皮膚切開法
 ふくらんでいるあたりの皮膚を切って、中の組織を引っ張り出しヘルニアの部分をさがしていきます。

 

B..内視鏡手術
 おへそからカメラを入れてお腹の中を観察します。直接カメラで見るので穴が空いているところがよくわかります。

 

治療は、皮膚切開法、内視鏡手術のどちらの場合でもほぼ同じです。簡単に説明すると、穴の部分に医療用のメッシュシートを当てて穴をふさぎ、補強する手術です。

 

手術の後の傷は図のとおりです。

A.皮膚切開法(5cm前後)
B.内視鏡手術(1.5cm, 5mm, 5mm, 3ヵ所)




 相談や診察をご希望の場合、月曜日から金曜日の午前中、いつでも受診ができます。

 紹介状はお持ちいただかなくてもかまいません。


ヘルニア外来担当医 高橋正浩





このページの先頭へ