認定看護師





(副看護部長)

 現在、専従として感染管理の活動を行っています。
 感染管理は、組織全体に関わることが多く、病院で働く全ての職員の協力なしには成り立ちません。

 様々な職種の方たちとより良い関係を築くこと、現場ではたく人達の声を聞くことをいつも心掛け日々感染対策に奔走しています。

 
   「患者さんと職員を感染から守る」ために、ICT・リンクナース・リンクスタッフのメンバーと協力しながら地道に活動しています。  





 皮膚・排泄ケア認定看護師とは、スキンケアを基本とし、創傷・ストーマ(人工肛門・人工膀胱)・失禁分野で専門的なケアを提供する看護師です。

 これらの専門領域において、患者さんとご家族が抱えるさまざまな問題について相談に乗り、解決策を見出し、患者さんのQOL向上にむけてお手伝いをさせていただくのが私の役割です。
  
   皮膚・排泄ケアの分野は、人間にとってもっともプライバシーにかかわるものであるため、患者さんの尊厳を第一に考え、心を込めてケアすることを常に心がけています。    



 
 緩和ケアとは、重い病を抱える患者やその家族一人一人の身体や心などの様々なつらさをやわらげ、より豊かな人生を送ることができるように支えていくケアです。
 緩和ケア認定看護師として、一人でも多くの患者さんやそのご家族に、病気のこと、身体や心のつらさを軽減できるよう、医師をはじめ、薬剤師、看護師、リハビリスタッフ等と連携をとりながら一緒に考え、ケアを提供していきます。

   現在は、職員を対象に緩和ケアに関連する研修会を定期的に開催し、緩和ケアが普及するよう携わっています。



   患者・家族や病院全職員が、安全で安心できる医療環境を整えるため感染管理認定看護師として活動しています。
 現在は、院内での医療関連感染状況を把握する為にCAUTIサーベイランスを実施しています。
 
 
 実施したサーベイランスデータを基にフィードバックし、各職員と共に協力しながらケアの質の向上に努めて行きたいと考えています。
 




このページの先頭へ