私たちのゆうあいの街 〜 居宅ケアマネジャー編 〜

居宅介護支援事業所ゆうあい

今回の記事を担当するのは、サービス付き高齢者向け住宅ゆうあいの街の中の一角にある「居宅介護支援事業所ゆうあい」の同い年酉年トリオの熊谷、佐藤、谷地です。
今年度を振り返ってみると業務以外に街の行事にも参加しました。
その中で一番思い出に残った行事をご紹介します。

それは去年末のクリスマス会です。
紅白かくし芸大会を行いそれぞれの部署ごとに個性を生かして大変楽しい芸を披露しました。
居宅では全員が参加し、「ヒゲダンス」を披露しました。     
初めは業務の合間の練習だけで上手くできるか不安でしたが、練習を重ねていく中でみんなにドリフターズ魂が乗り移り、本番では「剣に果物を刺すヤツ」「口でのマシュマロキャッチ」も成功し入居者の方から拍手を頂き大成功で終わる事が出来ました。
同僚や先輩の普段業務の中では見られない表情や仕草が見られました。
入居者の方々も職員の見慣れない姿に笑みが絶えない様子でした。

その他にも「夕涼み会」「夜の憩いの場夕逢」「節分豆まき」「敬老会」等手作り感がありとてもアットホームで暖かい雰囲気の行事が沢山あります。

ゆうあいの街の行事以外にも居宅では定例会と称し、飲み会や食事に行って楽しんでいます。
所長がワイン好きなこともあり普段は行かない様なオシャレなお店に連れて行ってもらい、大人な夜を過ごさせて頂いています。
また明日からお仕事頑張ろうという気持ちにさせてくれるとても良い会です。

その他にゆうあいの街のコンシェルジュや訪問リハビリ、通所介護、病院スタッフの方たちとバスケットボールやスノーボードをするなど他部署との交流を行い楽しく過ごしています。

29年度も頑張ります。




このページの先頭へ