「食」と健康

漢方外来 奈良 範子

漢方では、「病気」は「人間が本来あるべき理想的な健康状態」から遠く離れてしまった状態と考えます。病院の検査では異常が現れないけれど、調子が悪いというのが「未病(みびょう)」という状態です。
これは「健康状態」からは少し離れているけれど、まだ健康に戻ることのできる許容範囲内にある状態です。この時点であれば、食物や生活の仕方の改善(養生法)などによって、本来薬を使わなくても是正が可能です。
日々食品として使われている物で漢方の「生薬(しょうやく)」として使用されている物も多くあります。例えば料理の薬味で使われる「生姜(しょうが)」は、生薬になると「生姜(しょうきょう)、乾姜(かんきょう)」となります。陰干しした生姜は主に消化機能を整える効果があります。蒸して干した乾姜には、身体の中を温める力があるので、冷えの治療に用いられます。
その他、山芋は「山薬(さんやく)」という滋養強壮の生薬になり、京都土産の八ッ橋の香りでおなじみのシナモンは「桂枝(けいし)」となり、気の巡りを良くする生薬として使われています。
食品とされる物は、作用が穏やかで香りや風味が良く、長く食しても害がない物。
これに対して、生薬は身体に対する作用が強く治療に用いられるというだけで、食品を薬用にしたり、薬が食用になったりするので「医食同源」と言われるのです。
その他にも、普段食べている食品一つ一つにも性質があります。
食べ物は、「熱」「温」「平」「涼」「寒」の五つの性質に分けられ、どれに属する食品か長年の経験によって分類されています。例えば、夏野菜の「ナス」は涼性食品です。
実は「秋ナスは嫁に食わすな」という諺は、「秋になって寒くなってくるので、涼性食品のナスを食べると余計に身体が冷える。身体の冷えたお嫁さんは、妊娠し難くなるので気をつけましょう」という経験上の教訓なのです。
更に食品の味にも様々な作用があります。大まかに分けると「辛」「甘」「酸」「苦」「鹹・かん(塩味)」の五種類に分けられ、気の流れや五臓六腑に影響を与えます。
日本には四季があり、季節の変化が私達の身体に様々な影響を与えます。
また、その季節ごとに収穫される「旬」の食物は、栄養分が増えて美味しくなるだけではなく、私達の健康に役立つ力を持っているのです。食の大切さが見直されてきた今、旬の食物や生活の在り方など、自分の健康増進につながる知識を再確認していきたいものです。



このページの先頭へ