眼科

概要

眼科疾患全般の診療を行っています。

具体的には、結膜炎、花粉症、ドライアイ、眼瞼疾患、角膜炎、流涙症、白内障、緑内障、飛蚊症、網膜疾患、糖尿病網膜症、加齢黄斑変性、眼底出血、 視神経疾患、近視、老眼、眼鏡処方、コンタクトレンズ、斜視、眼精疲労、検診・人間ドック後の精密検査、その他です。

各疾患の診察には充実した検査機器を用い、適正な診断がなされるよう配慮しております。

白内障手術も行っております。手術は入院を基本にしています。

眼科の病気は、目に自覚症状がなくても目の中で病気が進行していることがあります。例えば、白内障、緑内障、糖尿病網膜症、網膜動脈硬化症、周辺網膜萎縮などが代表的な病気です。発見が遅れると重症化してしまうこともあります。症状がなくても、あるいは全身病をお持ちの方は眼科の診察を定期的に受けられることをお勧めします。

また、気になる症状が目に起こった場合は、早めに受診されることが大切です。眼科に気軽にご相談下さい。



このページの先頭へ