放射線科

概要

盛岡友愛病院 放射線科では、一般撮影・CT・MRI・血管撮影を、より安全かつ正確に診断できるよう努力しています。

また、各種検査に当たり 安心して検査できるよう心がけておりますので、疑問や質問がある方は お気軽に声をおかけください。

現在 当科では、岩手医科大学医師の応援を頂き、検査・診断を行っています。

このページの先頭へ

放射線科で行う検査

1.一般撮影
当院ではCR(computed ragiography)を用いた胸部、腹部、全身の骨の外科系撮影、乳房撮影、透視などを行っています。CRとは、従来のフィルムに代わり、IP(イメージング・プレート)をX線センサーとして用いるシステムで、IPに照射されたX線をレーザー光で読み取り、デジタル信号に変換して画像化する方式です。
CRの導入により画像はデジタル化されるため、画像の保存、伝達、定量解析が可能になりました。
CRはダイナミックレンジが広いため、軟部組織から骨部まで広い範囲にわたって画像観察でき、骨のアライメントの観察などではX線被曝量を低減できます。
【頚部・胸部・腹部単純撮影】では魚骨などの異物、微細石灰化などの抽出、特に縦隔や横隔膜に重なる病変や石灰化の描出能について優れており、気管や気管支、血管影などの構造、結節影、粒状影の描出能においても優れています。
また、一回の撮影で目的部位に合わせた条件に画像処理できるため、再撮影などの過被曝がなくなりました。
【頭部】では、外傷による骨折などが、より明瞭に描出され、【四肢を始めとする骨】の撮影でも低線量撮影が可能であり、CR画像処理により骨自体の病変や、軟部組織の診断に有効です。
【一部の造影検査(経静脈的尿路造影など)】はCRで撮影しています。腎杯から膀胱に至る尿路系の辺縁、輪郭が明瞭に描出されます。
2.乳房撮影
CRを用いた乳房撮影を行っています。
50μの読み取り制度で、小さな石灰化も見逃しません。
3.X線透視

X線透視

デジタル方式(FPD)の透視装置を使い検査を行っています。
今までは連続透視で検査を行っていましたが、FPD方式になったことでパルス透視ができるようになり、被爆の軽減につながっています。
4.CT

CT

CT(Computed Tomography)はコンピュータ断層撮影法と呼ばれています。
ドーナツ状の検査機に体を通しながら 細いX線を照射してコンピュータで解析、体内構造を断面や3次元構造にして診断する装置です。CTの出現により、病気のX線診断能力は格段に進歩しました。また、ASOなど血管系の描写にも優れた能力を持っています。
形成外科では3Dで顔面を作り、手術などにも利用されています。
≪CT検査にあたっての注意≫
造影剤を使用する場合には、前もってその日の体調などを問診表に記載していただきます。
造影剤検査及び腹部の検査は、検査前は絶食です。検査直前にCT用の造影剤をお飲みいただく場合や、検査予定時間によって水分は飲めますので、各担当科から説明を受けてください。
検査部位に金属類(眼鏡・ネックレス・イヤリング・補聴器・入れ歯・ブラジャー・ベルト・湿布等)がある時は外すよう準備ください。
5.MRI

MRI

MRIとは(Magnetic Resonance Imaging)の略で、磁気共鳴メージングと呼ばれています。
強力な磁場と電波(パルス)を使って人体の水素原子核の状態をみることで、疾患を画像化するもので、X線被曝の心配はありません。人間の体内は、大部分が水分ですから、この水に含まれる水素原子を診れば身体の中がわかるのです。
≪MRI検査にあたっての注意≫
強力な磁石を使っていますので、金属類(眼鏡・ネックレス・イヤリング・補聴器・入れ歯・ブラジャー・時計・携帯電話・ベルト・キャッシュカード・ポケベル等)は、検査室の手前で身体からはずしていただきます。
やや狭い筒の中に入って検査しますので、狭所恐怖症の方などは お申し出ください。
ペースメーカー・人工内耳・脳動脈クリップ など、体内に機械や金属がある場合は検査できないことがあります。(医師の許可があれば検査可能)
妊娠初期や 過去の事故などによる体内金属のある人も、検査できないことがあります。
人工関節や骨折手術時の金属は、部位によって検査できないことがありますので、あらかじめ問診させていただきます。
造影剤検査及び腹部の検査は、検査前は絶食です。喘息の方は造影剤を使用できない場合がありますので、あらかじめ問診させていただきます。
6.血管撮影
当院ではDSAを用いた選択的血管造影や、MRIを用いた血管の精査、下肢静脈瘤の造影検査などを行っています。血管造影とは、細いカテーテルを動脈及び静脈に入れて造影剤を注入、目的の血管を描出する検査です。
血管造影の目的は、動脈瘤や狭窄、奇形等の血管病変の診断、腫瘍血管や奇形等の病的血管構築の解析、血管造影手技を用いた治療などです。MRI検査や下肢静脈瘤の造影検査など外来通院で可能な検査もありますが、詳しくは担当科にご確認ください。


このページの先頭へ