形成外科

医師紹介

形成外科医師 湊 祐廣

専門領域 形成外科一般、特に顔面外傷の再建と修復、皮膚腫瘍の切除再建、唇裂の修正、褥瘡の外科治療等
主な資格・関係学会 日本形成外科学会 評議員・専門医・専門医生涯教育委員・社会保険委員・北海道東北支部評議員
日本頭蓋顎顔面外科学会 評議員
日本熱傷学会 東北地方会世話人
日本整形外科学会 専門医
運動器リハビリテーション学会 認定医
日本褥瘡学会

このページの先頭へ

概要

平成20年7月1日より医療法人友愛会 盛岡友愛病院に形成外科を開設いたしました。

現在、岩手県内では形成外科専門医が常勤している病院は5病院で、盛岡市内では岩手医科大学付属病院と当院の2病院であります。

形成外科とは、先天性および後天性の身体外表の形、色の変化、すなわち醜状を対象とし、これを外科手技(手術)により形態を正常(美形)にする外科の一分野で、主に体表面の形態の異常を対象にし、機能と整容の両側面を考慮、診療しております。

具体的には、顎顔面外科では顔面外傷(傷、傷跡、骨折)、顔面腫瘍(できもの、ほくろ、皮膚の癌)、先天異常(唇裂・口蓋裂、耳・鼻・眼瞼の形態異常)、美容外科(隆鼻・重瞼術、眼瞼の除皺・眼瞼下垂症等)、手足では手足の外傷(皮膚欠損、瘢痕の外科治療)や陥入爪・巻爪の根治手術、先天異常(多指・合指・巨指症)、四肢や体幹の軟部腫瘍、皮膚腫瘍、下腿皮膚潰瘍等、他にも熱傷(やけど)、熱傷潰瘍、熱傷瘢痕、また腋臭症や褥瘡の外科治療等も取り扱っております。

これ以外の疾患でも、体表面の形態の異常でお悩みをお持ちの方は受診、ご相談下さい。



このページの先頭へ