食養科

概要

食養科では日本一おいしい病院食を目指し、病院独自の「治療食栄養食事基準」を設定し、治療効果を高めるために個別の治療食をおいしく安全に調整しています。また、退院後も含め適切な食生活が実践できるよう栄養指導を行っています。地域社会への貢献の一環として、実習生の受け入れや「食と健康祭り」を開催しています。

   日本一おいしい病院食を目指し、管理栄養士が治療に特化した個別の献立作成と栄養管理を行って行っております。
 旬の食材を使用した季節感のある行事食を手作りのメッセージカードを沿えて年間37回提供しております。
 入院時からの早期介入による栄養管理の充実、栄養サポートチーム、緩和ケアチーム等の多職種連携による医療チームに参画し、栄養改善と治療効果に貢献できるよう、体制作りに努めております。
                
             栄養管理士 係長  角原 杏奈

   食養科では、患者さんに美味しく食べやすい食事・減塩メニューの提供を管理栄養士・調理師一丸で取組んでいます。  
                調理師 主任 小田中 秋夫
    盛岡友愛病院の食養科は、日本一の病院食を目指して、目・味・心でも美味しく感じれる食事を提供すべく職員一丸となり、食事に力を入れています。
 行事食に関して献立作成及び調理を担当することが多いのですが、患者さんが安心して明るく楽しい気分になるような食事を出すべく努力していきたいと思います。

            調理師 主任 工藤 圭治郎 

このページの先頭へ

入院中の食事について

朝食は7時、昼食は12時、夕食は18時に、保温配膳保冷車を使用して温かい料理は温かい状態(65℃以上)で、冷たい料理は冷たい状態(17℃以下)でお出ししています。献立は、四季別28日サイクルメニューとなっておりますが、季節ごとの旬の食材や季節のお料理を取り込むなどの工夫を凝らし、季節感のあるメニューを目指しています。また、エネルギーコントロール食やたんぱく質コントロール食など、72種類の治療食を用意し患者さんの病態などに応じたきめ細かい個別対応も実施しております。

このページの先頭へ


〜入院生活に潤いを〜 行事食や選択メニューの実施

入院生活に潤いを持っていただけるよう、季節ごとの旬の食材を使用した季節感のある行事食を作成し、手作りのメッセージカードなどを添えて月2〜3回、年間37回提供しております。

【行事食の一例です】












 当院での入院中に、このような行事食を楽しむことができます。

誕生日を迎えられた患者さんには、ケーキ、バースデーカードなどを添えて「誕生祝い膳」をお出ししております。

朝食・昼食・夕食に複数の主食または主菜からお好きなものを選んで食事をしていただく「選択メニュー」を毎週2回実施しております。

このページの先頭へ

栄養管理と訪問指導

疾病に即した食事療法をそれぞれの患者さんに合わせた方法で、具体的に個別及び集団の方法で行います。



このページの先頭へ